CNBlue

イ・ジョンシンに何があったの?

ジョンシンは兵役の義務を終えた2020年以降、CNBLUEだけでなくドラマなどでの俳優業にも意欲的に活動の場を広げています。2022年4月からは「流れ星」というロマンティックコメディドラマに、芸能事務所のイケメン顧問弁護士「ト・スヒョク」役で出演しています。このドラマでは芸能界の裏側の話以外にも、男女の三角関係などの恋愛模様もありで、まさに恋に仕事に大忙し、のドラマを彩るキーパーソンとして注目を集めました。スヒョクは弁護士らしく、クールでスマートな性格の設定がジョンシンの外見にぴったりで、作品を通してのスヒョクの感情の変化を、演技を通して視聴者に伝えてくれました。

スヒョクを演じることはジョンシンにとっても影響が少なからずあったようで「このような状況の中で、焦らずに確実に一歩ずつ踏み出していける心を与えてくれた」として、スヒョクという役柄を通し、演技自体にもこれまで以上に情熱を持つきっかけになったとインタビューで答えています。兵役を経て、大人っぽくなったジョンシンですが、それでも自身の演技にはまだ若さを感じてしまうそう。

Taiko

今後は演技を通じもっと多様な顔を見せたい、とドラマ撮影終了後に述べていたそうです。